学校園 十三夜のワークショップ

学校園がIIDで行っているワークショップ。
今回はお節供編の十三夜のお月見です。
下記はその時僕がお話ししたノート。

プログラム概要は下記にて。その他の学校園ワークショップ情報もここから見れます。
http://www.r-school.net/program/workshop/vol29.html

当日の花活け。
学校園では旬の自然の力を感じたいと思い、旧暦でワークショップをやっています。
芒だけ近くでいただいてきて、あとはIIDに生えているものを切って活けます。
自分の手で切って、水揚げして、活ける事も大事にしています。
切る事は覚悟がいることです。。。。

juusannya.jpg


photo-2.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
 旧暦8月15日は「仲秋の名月」別名「芋名月」
 旧暦9月13日は「後の月見」別名「栗名月」「豆名月」今年は10月13日にあたる。
どちらか一方を見ないのを「片見月」と言って忌む。
 ◎十三夜は日本独自の風習。 → 満ちる前、成熟の一歩手前、不足の美、未完成の美

*お供えのかたち
 ○収穫を感謝するお祭りで、それをもたらしてくれるのが月の神様。
  米の農家では、米作りにまつわる農具や、米から作る酒の徳利を花入れに
  見立てて、お団子を備えて、ススキを飾り、縁側などのお月様を拝める場
  所に設える。おまんじゅうやおはぎを供えるところも多い。
  お団子も十五夜の里芋(きぬかつぎ)も、「お月様」のメタファーである。
  (きぬかつぎは皮をつるっと剥くと白い綺麗な実がでてきますね。)

  *ススキは依り代。
  学名:イネ科 ススキ属
     Miscanthus sinensis (mischos…柄のある小さい穂、anthus…花
                sinensis…中国の)
  和名;ススキ、芒、薄
  別名;尾花、茅、乱れ草、美草(みくさ)、袖振草
              
  *茅葺き屋根ー野焼きー茅場町など
  *秋の七草
   「萩の花尾花葛花なでしこの花、をみなえしまたふじばかま朝がほの花」
    (山上憶良/万葉集)

○満ち欠けを繰り返し、死と再生を繰り返す月は、実りと枯死を繰り返す植物と類同的なもの。月の満ち欠けが普遍のリズムに見え、一度消えた月がまた細い新月となって「再生」する。そこに月は生きていると言う実相をみた。穀物神は女性で、身体から食物を生じさせた神は、子を産む女性と重なる。
 →地母神
  日本だけではなく、西欧や中東、南米、インド、中国など、月の神と大地  
  の豊穣を司る神は結びつけて考えられている。
 ・例)ツクヨミノミコトとオオゲツヒメの死と再生の儀礼→五穀誕生
 ・神話以前から、月への畏れ、月への祈りがあった。客神(マレビト)とし
  ての月(←折口信夫)

*月と水
 ・「月から水が降ってくる」と言う考え方はバビロニアにもインドにもメキシ 
  コにも見られる観念。
 ・月と不死(月の再生と生命の源としての水)
  →若水

*月と農業
 ・月から降るその水が植物を育てる。南米のある部族は月の事を「草の母」
  と呼び、南フランスの一地域の農民は新月に種まきし、下弦の月で収穫す
  るなど。こうした例はたくさん見られる。
 ・朝夕力との関係。地上の水も体内の水も引き揚げられる。
 
 ・崖の上のぽにょ
  →地球に近づいた大きな月。あふれた海。カンブリア紀の生命の爆発。


○花を活ける
 ・依り代を立てる。
 ・音を聞く。
 
 ・「ツクヨミノミコトなどといふ神典の上の神の感じとは別に、月の神を感じ
  ており、その月の神に花をさしあげるのが、月見というものです」(折口信
  夫『日本美』)

2008/10/11

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


     



世田谷ものづくり学校で、もと学級菜園や敷地内の緑を活用したプロジェクト。
手仕事やお節供のワークショップを続けています。詳細はIIDのウェブサイトをご覧下さい。
http://setagaya-school.net