【学校園】庭仕事の楽しみvol.32 生イモ蒟蒻づくりとコンニャク御膳

【学校園】庭仕事の楽しみvol.32 生イモ蒟蒻づくりとコンニャク御膳
2009/1/17 

http://www.r-school.net/program/workshop/vol32.html

(この記録は今年の一月のもの。とても遅くなりました。2010年も同じ頃やる予定です。)

===================================

 こんにゃくいもをIID(世田谷ものづくり学校)の一角で育てていて、ここの
はまだ小さいので、石田さんが育てたものを持って来てくれました。

 それは、人の頭ほどもあり、包丁をいれるのもちょっと勇気がいるかもしれません。
 僕はそれを梅と一緒に飾って、あとは皆さんと楽しみました。

%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AB%E3%82%83%E3%81%8F%E3%81%84%E3%81%91%E3%82%8B.JPG
梅に蒟蒻芋を添える。
%E8%92%9F%E8%92%BB%E8%8A%8B.JPG
蒟蒻芋 畑でとれたもの 小さい
%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AB%E3%82%83%E3%81%8F%E5%88%BB%E3%82%93%E3%81%A7%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%BC.JPG
細切れにして、さらにカッターで細かく


%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F.JPG

石灰を入れ、練る。

%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9F.JPG
しばらくおくとかたまった。
%E3%81%82%E3%82%8B%E3%82%81%E3%82%8B.JPG
みんなでまるめます。
%E3%81%B7%E3%82%8A%E3%81%B7%E3%82%8A%E3%81%A7%E3%81%99.JPG
千切ってゆでたら、ぷりぷり。

蒟蒻芋はごつごつでぼこぼことして灰色で。
新芽が桃色で、すこしグロテスクな、でも
それをさくっと半分に切ると、中はまっしろ
でほんのりとピンクなのです。
その桃色は新芽にも出ているので、渋みのもと
かもしれないですね。
里芋もそうですが、猪などはこのアクを嫌って、
掘り返さないそうです。
夏になると茎を1メートル以上伸ばし、大きく広げます。

かつては蒟蒻にも旬があり、
霜が降りる前に芋を掘り上げて、保存しておいて梅の咲く頃
食していたのでしょう。

芭蕉の句があります。
「こんにゃくのさしみもすこし梅の花」



世田谷ものづくり学校で、もと学級菜園や敷地内の緑を活用したプロジェクト。
手仕事やお節供のワークショップを続けています。詳細はIIDのウェブサイトをご覧下さい。
http://setagaya-school.net