赤坂氷川神社 藍の生葉染め

DSC_0328.jpg

IMG_3506.jpg

DSC_0307.jpg

DSC_0324.jpg

DSC_0353.jpg
四合稲荷の裏に畑があります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

藍の焦げ跡


藍の葉を摘み取って、
ジュースにして、
しぼって、濾して、
青い色を絹の布にうつすこと


藍は最初から青くはない
ただの、緑の、葉っぱ。

ジュースはとろっとしてる。
ただの青汁。たぶん苦い。
まだ飲んだことはない。


その液体は温い。
さっきまで生きて、太陽を蓄えていたから。
ジュースは血液のようなもの。
大事なもの。


シルクオーガンジーを浸け、いろをうつす。
風に晒すと
みづのような、そらのような
世界がはじめて色づいたような あを


あわい 透明な、青の
無限 
これはいったいぜんたい、あおだろうか?


ジュースをしぼった青い手は
かわくとひりひりと香ばしい。
ちょっと焦げた匂いがするんだ。


植物はゆっくりとした爆発。


燃えた藍の、
太陽のもえかす。


燃え尽きた色は
まっしろ ではなく あを。


途中でぱちんと切り取ると、切り取られたもう一方が残る。
後ろ髪が引かれる。
だから藍は愛のいろ。


褐色(かちいろ)勝ち色、徒の色。
ジャパンブルー、
青い国。
小さな、蒼い国。


IMG_3008.JPG
植えて数週間の双葉。

IMG_3815.jpg
生地によっていろいろな青。


IMG_3813.jpg

https://www.facebook.com/yuichi.tsukada.5/media_set?set=a.748246541888553.1073741843.100001096433657&type=1




ワークショップは、植物に触れ、植物に人が託して来た物語を知り、身体知を取り戻すことと、風土を感じることを大事にしています。