TERRAIN VAGUE vol.25  「KENさんと編むブレスレット」

P1220177.jpeg

P1220172.jpeg

P1220190.jpeg

バルセロナの建築家、批評家イグナシ・デ・ソラ・モラレス によって提起された「テラン・ヴァーグ」という言葉があります。私たちの企画するイベントタイトルはそこから取っています。

私たちの未知性としての「テラン・バーグ(都市の空き地)」は、
都市の無意識でもあり、日常の利用にとっては都市の外在性でもあります。
建築はそこに多重多様な線を引き、外在性を馴染みやすいものに変えていきます。
しかし、神社や寺院やお茶室や庭が志向したように、都市には深層意識に触れられたり、
ゼロに帰れる場所が必要です。

若い頃よりセイリングに親しみ、
ヨットのノット・タイイング(ロープ結び)に熟練したケンさんは、その後日本の水引むすびなどを学び、独自のロープワークを形作ってきました。
「むすび」は「産す・霊(ひ)」であり、連続性を失わず、次の命の結節となります。
そしてループしたり、編まれたり、結び合わされたりして、ヴォイドを編み込んで行き、ヴォイドや無意識や海や山を孕みながら身に付けることのできるブレスレットとなります。

今回のパラロープで作るブレスレットは、
編み込んで輪にし、身に付けるというお守りの一つでもありますし、
何かの際に解いて、命綱ともなる美しい優れものです。

未来の都市や建築のささやかなモデルかもしれません。

(温室/TERRAIN VAGUE 塚田有一)


◉KENさんからのメッセージ◉(「テラン・バーグ」という言葉のもともとの意味に紐付けて言葉を編んでくださっています。)

The architect Ignasi Solà-Morales Rubió proposed a series of continuous transformations, similar to the "plateaus" of Gilles Deleuze, i.e. to recognize plans established by specific random points. The five that he initially proposed were: "mutations," "flows," "rooms," "containers" and "terrain vague;" a nomadic science that is changing, imprecise, and produces random instruments.

The knot-tying boatswain's study and practice of MARLINSPIKE: the setting of rope, line and knots in over-and-under patterns using clockwise and counter-clockwise twists is another kind of physics' - nomadic science - ruled by the free imagination of the boatswain and his crew.

In place of Ignasi Solà-Morales Rubió's "mutations," "flows," "rooms," "containers" and "terrain vague," we will use terms like "loops, bends, bights, hitches, stoppers, splices and whippings" to build our instruments."

●ワークショップの内容
Making a three-strand rope.
Braiding rope...Mitsu-Ami.
Making a Mitsuami bracelet.
Making a Two-Strand Mitsuami bracelet.
Making a Three-Strand Mitsuami bracelet.
Making the Cobra Braid (if time allows)

 三つ編みブレスレットを作成します。
 早く終わられた方には、コブラ(編み方の名前です)の
 ブレスレットにトライしていただきます。

●日時
 2016年3月10日(木)
 19時〜21時ごろ
●場所
東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会本館三階33-2号室 温室
http://map.yahoo.co.jp/maps?ei=UTF-8&type=scroll&mode=map&lon=139.75484163&lat=35.69789079&p=東京都千代田区西神田2丁目4-1&z=16&layer=pa&v=3
 
 
●参加費
 5000円(材料費、お茶菓子含む)
 (材料費パラコードお一人500円/一つ以上作る場合は別途材料費を頂戴いたします)
 
●パラコードの販売あり。
 最初の1つ分は参加費に含まれておりますが、もう一つ作りたい方や
 ご自身で帰られてから作りたい方などが購入を希望の方。
 1本 500円(ブレスレット1つ作れる長さです)


●定員:12名限定(予約制)
 問い合わせフォームよりお申し込みください。
 もしくはhkarionsitu@yahoo.co.jp(塚田)まで

●ブレスレットは”パラコード"というロープを使用します。
最後の仕上げはロープを火で溶かして留めます。

 
●ケンさんのプロフィール
KENNETH EMERSON FRANKEL

Born in Hollywood, California.
Ken began sailing at the age of ten, mastering the most important yachting knots for boats and their rigging by the age of 18. Sailed on a yacht from Los Angeles, California to Hawaii in 1969. Moved from Honolulu, Hawaii to Tokyo in 1976 to join The National Theater's Kabuki Trainee Program. Joined NHK's Entertainer Division and two years later, the Drama Division. Ken began a study of Japanese Mizuhiki at the instigation of Kyoto's Noriko Nakabayashi and now teaches and creates rope work or marlinspike.




自然を間にコミュニティーをゆるやかにつないでいくためのガ–デンデザイン、年間のスケジュール立案ほか、その場をつかったイベントやワークショップのディレクションをしています。