満月の緑陰幻想詞華集(アンソロジー)vol.10「紅花」

満月の緑陰幻想詞華集(アンソロジー)vol.10のお題は「紅花」です。

前回は2016年申年記念企画の第一弾としてテーマを「猿」としました。
英日の「猿怪談」の読み比べから、東雅夫さんが朗読に選んでくださったのは
宮沢賢治の『さるのこしかけ』。
東さんの朗読の中で活けたのが下の写真の花です。
読み込んで、活けてみると、これまで最も多かった泉鏡花とも、川端康成とも、
明らかに違う花の形となりました。
確か鎌田東二さんが書いていたことだと思いますが、シャーマンには二種類いるそうです。
一つは「鳥シャーマン」もう一つは「蛇シャーマン」。
宮沢賢治は明らかに「鳥シャーマン」、泉鏡花は「蛇シャーマン」。
花もボッカリした空間性を持った花となりました。

IMG_1310.jpg
http://onshitsu.com/flow_er/2016/02/

22日は満月の夜。
72候「紅花盛う」のこよみ。
第一部は東さんの「紅と文芸」講話、塚田の紅花や紅のお話。
第二部は「物語の朗読」と「物語としての花活け」です。
今回は何やら艶めく夜になるのでしょうか?

☆出演 

 東雅夫(文芸評論家、アンソロジスト)
 http://blog.livedoor.jp/genyoblog-higashi/
 
 塚田有一(花いけ)


☆ 2016年5月22日(日)満月 
☆  19時〜21時
☆ 千代田区西神田2-4-1
   東方學会本館3階33-2号室
   http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps?p=千代田区西神田2-4-1&ac=13101&az=47.2.4.1&zoom=18&lat=35.69789079&lon=139.75484163&cond=placegenre%3Aaddress%3Bac%3A13101%3Baz%3A47.2.4.1%3B&pluginid=pa&z=18&mode=map&active=true&layer=pa&home=on&hlat=35.69789079&hlon=139.75484163&pointer=off&pan=off&ei=utf8&v=3
☆ 会費3,500円
        (予約制/当日精算/お菓子つき)

☆ 申込hikarionsitu@yahoo.co.jp
☆ 問合090-3420-3514

昨年の赤坂氷川神社でのワークショップの様子。
伊勢半本店さんのサイトへ。http://isehan.weblogs.jp/beniblog/2015/12/113火祝赤坂氷川神社で紅を知るにて出張ワークショップを行いました.html




自然を間にコミュニティーをゆるやかにつないでいくためのガ–デンデザイン、年間のスケジュール立案ほか、その場をつかったイベントやワークショップのディレクションをしています。