満月の「緑蔭幻想詞華集(アンソロジー)vol.12『藤』東雅夫×塚田有一」

IMG_1869.jpg
(春日大社/藤豆が爆ぜる頃)
IMG_1870.jpg
(夕闇迫る春日大社:藤と鹿)

文芸評論家/アンソロジスト東雅夫さんをお招きしての「緑蔭幻想詞華集(アンソロジー)」も12回目となります。前回がお盆でしたので半年ぶりなのではありますが、terrain vagueでも「冬の怪談」「仮面ライダー響鬼 探究」をお願いし、熱く深い「物語に見初められた人」の思いに触れることができました。
今回は久しぶりに朗読と花との共演です。テーマは「藤」です。藤は幻想文学や昔話、怪談などでは格好の素材ですね。
僕の通っていた小学校には図書館へ行くのにつづら折れの屋根付きの廊下を渡っていくのですが、途中に藤棚の一角があり、花盛りのときは上履きのままフラフラとその下へ行ってみたものでした。熊蜂は忙しくて忙しくて僕なんかに目もくれません。花の香りと音楽と揺れる花穂と。僕にはですから、本と藤がセットなのです。

それから、それから、、、

藤には個人的にいろんな思い出がありますが、皆さんはどうでしょう?

そしてそんな藤を文学はどのように描き出してくれるのでしょう?

東さんの朗読とともにお楽しみください。

DSC_6907%20%281%29.jpg
(TERRAIN VAGUE vol.62「仮面ライダー響鬼 探究」の東さん。)
*******************************************


*出演/東 雅夫(文芸評論家・アンソロジスト)
     target="_blank">http://blog.livedoor.jp/genyoblog-higashi/


    塚田有一(庭園設計・フラワーアーティスト)

*とき/2017年4月11日(火)弥生満月
    19時から21時頃迄
*ところ/千代田区西神田2-4-1
      東方学会本館三階33−2号室
    https://map.yahoo.co.jp/maps?p=千代田区西神田2-4-1&ac=13101&az=47.2.4.1&zoom=18&lat=35.69789079&lon=139.75484163&cond=placegenre%3Aaddress%3Bac%3A13101%3Baz%3A47.2.4.1%3B&pluginid=pa&z=18&mode=map&active=true&layer=pa&home=on&hlat=35.69789079&hlon=139.75484163&pointer=off&pan=off&ei=utf8&v=3
      
*料金/3,500円
*お申込/問い合わせフォームよりお願いします。
 お問合せ:  hikarionsitu@yahoo.co.jp
 緊急連絡先:090-3420-3514(塚田)

http://onshitsu.com/2016/07/21-092946.php




ワークショップは、植物に触れ、植物に人が託して来た物語を知り、身体知を取り戻すことと、風土を感じることを大事にしています。