TERRAIN VAGUE vol.88渡辺真也さんトーク【ドイツで考える - ドクメンタ14から見えてきたこと】9月18日

21362082_10214189112629645_318603841_o.jpg

映画監督でありキュレーターでもある渡辺真也さん。TERRAIN VAGUEではこの秋3回にわたりトークをお願いしました。第一弾は自ら作成した映画『Soul Odyssey - ユーラシアを探して』の上映と、映像には収まりきらなかったエピソードや思いをお話しいただきます。

そして第二弾がこちら。
キュレーターである渡辺さんによる「ドイツで考える - ドクメンタ14から見えてきたこと」です。

ドイツのカッセル市にて5年に一度開催される世界最大の美術展、ドクメンタ。2002年、ポストコロニアルをテーマとしたナイジェリア人キュレーター・オクイ・エンヴェゾーによるドクメンタ11から多大な影響を受けた当時22歳の渡辺さんは、美術展覧会の多大なる可能性を感じ、ニューヨークへと渡りキュレーターへの道を歩み始めました。

ドイツ人アーティストのヨーゼフ・ボイスが1982年のドクメンタ8にて行った環境芸術『7000本の樫の木』開始50周年となる2032年のドクメンタ17を、ボイスが探求した「ユーラシア」というテーマでキュレーションしたいとの思いから、渡辺さんは文化庁新進芸術家海外研修員として2011年9月より渡独、今年6月にはベルリン芸術大学の博士論文『ユーラシアを探して - ヨーゼフ・ボイスとナムジュン・パイクの生涯に渡るコラボレーション』のディフェンスを成功させました。
夢は2032年、ドクメンタ17のキュレーション。

そんな渡辺真也さん、今年6月に開幕したばかりの第14回ドクメンタに不満を感じていると言います。その理由は一体何なのでしょう?

過去4回のドクメンタを見て、5年半のドイツ生活を経験した渡辺さんだからこそ見えて来た第14回ドクメンタとは。対話を通じて、ドイツの素顔に迫ります。

=============   =============   ===========
*日時
2017/9/18 Mon.祝日
17時から19時。
*開場は15分前になります。
*20名程度

*料金
3000円(当日精算)お菓子つき

*申し込み
問い合わせメールホームよりお申し込みください。
hikarionsitu@yahoo.co.jp


場所
東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会本館三階33-2号室 温室
※会場はイベント当日以外は一般に開放していませんので、ご注意ください。
https://map.yahoo.co.jp/maps?ei=UTF-8&type=scroll&mode=map&lon=139.75484163&lat=35.69789079&p=東京都千代田区西神田2丁目4-1&z=16&layer=pa&v=3
===========================================
渡辺真也(わたなべ・しんや)
18403159_10213020272169364_872959115077082529_n.jpg
1980年静岡県沼津市生まれのキュレーター/映画監督。ベルリン工科経済大学講師。2008〜 09 年 「アトミックサンシャインの中へ│日本国平和 憲法第9条下における戦後美術」(NY、東京、 沖縄巡回)、 16 年「ナムジュン・パイク 2020 年 笑っているのは誰 ?+?=??」(ワタリウ ム美術館)などをキュレーション。2016 年にはユーラシア大陸横断をテーマとした映画 『Soul Odyssey - ユーラシアを探して』を初監督。ベルリン芸術大学博士論文『ユーラシアを探して - ヨーゼフ・ボイスとナムジュン・パイクの生涯に渡るコラボレーション』は、現在日本語翻訳を準備中。

渡辺真也さんによる前回のドクメンタ13のまとめ→https://togetter.com/li/376868

渡辺真也さんと一緒に今回のドクメンタ14を回った池田剛介によるレビュー「別のギリシャは可能か?あるいは芸術祭への『疲れ』をめぐって」→http://realkyoto.jp/review/documenta14/

バイオグラフィー:::
http://www.shinyawatanabe.net/biography

渡辺さんキュレーションの美術展覧会
”アトミックサンシャインの中へ
「日本国平和憲法第九条下における戦後美術」”
http://www.shinyawatanabe.net/atomicsunshine/

“VOLCANO LOVERS"(2009−2010)
http://www.volcanolovers.net

ユーラシアを探して – ヨーロッパとアジアの融合を巡る ヨーゼフ・ボイスとナム・ジュン・パイクの旅
http://www.shinyawatanabe.net/wordpress/wp-content/uploads/2010/09/Expose-on-Eurasia-by-Shinya-Watanabe-ja.pdf




自然を間にコミュニティーをゆるやかにつないでいくためのガ–デンデザイン、年間のスケジュール立案ほか、その場をつかったイベントやワークショップのディレクションをしています。