【季節の祝祭 = 新たな七夕= 】SHIBAURAHOUSE2018/7/7

36579013_1119645918188048_329528780215287808_n.jpg
(赤坂氷川神社「はなのみち」での七夕の花飾り)

ご紹介で縁を繋げていただいたSHIBAURAHOUSEさんにて「季節の祝祭」。
7周年をお祝いするところから始まります。
http://www.shibaurahouse.jp/event/detail/252

追記:

「新たな七夕」。SHIBAURAHOUSEさん、7周年おめでとうございます!

織姫と彦星の相聞歌的花の連句「めぐり花」でしっぽりお祝い。

七夕飾りは、生命の木「扶桑樹」に見立てた二本のクワ科ゴムの木の仲間。大事にスタッフの皆さんによって育てられています。

巣箱のある木は織姫に。
かささぎと見立てた鳥の飛んでいるのは彦星と見立て。

花を生け、飾りをつけたら案外それっぽくなって不思議。
わし座のアルタイル、こと座のベガにもぞれぞれ見えます。

月の船やかささぎよろしく、皆さん二本の木の間の天の川を行ったり来たり。
地上の星、花野の花を活けました。
終わった後は素麺に舌鼓を打って、おひらきです。

かつて房総半島や、富士山を一望できた風光明媚な芝浦へ想いを馳せる夜でした。

次回もこの建物の空間を生かして「オツなお月見」を予定しています。

P_20180707_161950.jpg


P_20180707_184714.jpg

P_20180707_193207_MT.jpg

カササギに見えないこともない鳥がついたこちらは彦星
P_20180707_194402_MT.jpg

P_20180707_194410_MT.jpg

巣箱のあるこちらは織姫
P_20180707_194426_MT.jpg

P_20180707_194441_MT.jpg




ワークショップは、植物に触れ、植物に人が託して来た物語を知り、身体知を取り戻すことと、風土を感じることを大事にしています。