TERRAIN VAGUE vol.137【『魂の巡礼』 第五講 9話 「分離と対峙、高次の帰還」 10話 「目線のドラマと俯瞰視野」】アリタマサフミさん 2018/8/6

37919673_1871864996190446_1782990836108099584_n.jpg

『魂の巡礼』第五講
9話
「分離と対峙、高次の帰還」
10話
「目線のドラマと俯瞰視野」

アリタマサフミさんの『魂の巡礼』。
占いの「うら」とは「心「の古語だと言います。
裏や裡であり、空、虚、洞などとも通じていくのでしょう。
目に見えない、確かにある力を、様々な方法で人は感受してこようとしてきたのだと思います。

アリタさんの星読みや、巡礼札を使ってのセッションは、なぜ自分は今ここに立っているのか、この時代に生きて、生命溢れる地球で様々な縁をもらって存在していることの不思議を、その神秘はそのままに、はるか彼方からそして未来への紐付けをしてくださる感じです。

大暑の最終日ということは土用の終わり、
翌日はもう立秋です。カードに登場する人物の成長過程が季節の進行にもなぞらえられますので、
アリタさんの時代を読む旬のお話も、さりげなく季節と呼応していきます。今回は、登場人物の目線が描く関係性などから、シンボルの豊かさを垣間見る会になりそうです。

🌟
アリタさんからのメッセージ⇩
登場する人物達の目線が描く関係性。個々が示す意志、葛藤、希求、反発、受容。そしてトランスパーソナルな俯瞰視野。マルセイユ巡礼札に託された象徴言語を豊かな事例と東西の哲学概念でコンテンポラリーに解説していきます。


*第四講8話までのおさらいも丁寧に行います。はじめてのご参加でも適切な入り口から象徴体系の旨味に触れることが出来ます。

=============   =============   ===========
*期日/2018/8/6(金)
19:00〜21:00
*料金/3000円(当日精算)お菓子つき
 学割あります(2000円)
*20名程度
*申し込み
問い合わせメールホームよりお申し込みください。
hikarionsitu@yahoo.co.jp

場所
東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会本館三階33-2号室 温室
※会場はイベント当日以外は一般に開放していませんので、ご注意ください。
https://www.google.co.jp/maps/place/〒101-0065+東京都千代田区西神田2丁目4%E2%88%921/@35.698832,139.754806,16z/data=!4m5!3m4!1s0x60188c1506e0953d:0x4085d41c74cd0716!8m2!3d35.6978773!4d139.7548588?hl=ja

アリタマサフミ(占星図案作家) 未発掘のフォークロア文脈と辺境チックな都市文化をスケッチする図案作家。テキスタイルブランドNew Esperanto Labelを創設し、国内外のブランドやメーカーとプロダクトを展開。天体のリズムと創作的な想起との関連性を研究している。http://izumonesia.jp




自然を間にコミュニティーをゆるやかにつないでいくためのガ–デンデザイン、年間のスケジュール立案ほか、その場をつかったイベントやワークショップのディレクションをしています。