TERRAIN VAGUE vol.140【『魂の巡礼』 第六講 11話 隠者(秘儀参入、砂時計、未知なる領域を照らす光)12話 フォルトゥーナ】

白露前夜の"TERRAIN VAGUE(都市の空き地)”百四十回目 は
アリタマサフミさんの『魂の巡礼』その第六講です。

11話 隠者(秘儀参入、砂時計、未知なる領域を照らす光)
12話 フォルトゥーナの輪(宇宙の軸、循環、木星、輪廻)

「白露」
むすんだ露の中で秘儀が始まり、それは夜を照らす彼方からの光。
その中に見たことのない世界が広がっているかもしれない。
魂もまた丸い。
アリタさんの座は、そんなひと時の、宇宙を羽ばたく夢のような時間です。

40100058_706319913036200_4347011257266601984_n.jpg

メッセージ;
Zum Augenblicke dürft ich sagen:Verweile doch, du bist so schön!
(瞬間よ止まれ、汝はいかにも美しい)、
人の寿命と認識領域の限界、宇宙の根源や運命など不可知な領域への対峙と思索を巡る札。

東方より伝承されてきた“象意の霊脈”を辿りながら
“無意識の創造領域を写す鏡”としての
スプレッドとリーディングの奥行きを巡ります。

=============   =============   ===========
*期日/2018/9/7(金)
19:00〜21:00
*料金/3000円(当日精算)お菓子つき
 学割あります(2000円)
*20名程度
*申し込み
問い合わせメールホームよりお申し込みください。
hikarionsitu@yahoo.co.jp

場所
東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会本館三階33-2号室 温室
※会場はイベント当日以外は一般に開放していませんので、ご注意ください。
https://www.google.co.jp/maps/place/〒101-0065+東京都千代田区西神田2丁目4%E2%88%921/@35.698832,139.754806,16z/data=!4m5!3m4!1s0x60188c1506e0953d:0x4085d41c74cd0716!8m2!3d35.6978773!4d139.7548588?hl=ja


アリタマサフミ(占星図案作家) 未発掘のフォークロア文脈と辺境チックな都市文化をスケッチする図案作家。テキスタイルブランドNew Esperanto Labelを創設し、国内外のブランドやメーカーとプロダクトを展開。天体のリズムと創作的な想起との関連性を研究している。
22657189_1576998005677148_1734655767_n.jpg

P_20180706_200640.jpg
http://izumonesia.jp




自然を間にコミュニティーをゆるやかにつないでいくためのガ–デンデザイン、年間のスケジュール立案ほか、その場をつかったイベントやワークショップのディレクションをしています。