TERRAIN VAGUE vol.146【星々を巡る講座 第9講 「閉鎖系の智から開放系の智の旅へ!」*射手座・人馬宮(木星)9室】アリタマサフミ 2018/11/23

45913251_956073571248017_6931410233092734976_n.jpg

小雪から冬至の間、太陽が留まるのは人馬宮。
ケンタウロスの姿は異形。昔から謎めいていて魅力的です。
半人半馬の彼らのつがえる矢は、何か大切な遥かな叡智を指し示さんとしているのかもしれません。医療の医に「矢」があるように、蒙昧さを切り開く一矢になるのでしょうか。

アリタさんよりメッセージ:
【星々を巡る講座 第9講 「閉鎖系の智から開放系の智の旅へ!」*射手座・人馬宮(木星)9室】

国家間の争いや異文化〜異教徒間の相克を重ねながらも「共存すべきひとつの村社会」へと移行しつつあるこの世界において、遥か遠く『異国の叡智』を思わせる射手座〜9室的な射程範囲は、もはや「海外」というイメージに収まらなくなって来ています。
「未来は空想小説より奇なり!」
宇宙船地球号の新たな羅針盤を形成すべく、脳機能を入り口とした量子的な意識の場や多元宇宙の可能性、もしくは共通無意識の大海原へと、普遍精神の在り方やAIと共に歩む未知なるものへの開拓範囲として、パイオニア精神に富んだ遺伝子を持つ我々の指標は「22世紀のスタンダードに繋がる新しい輪郭」を模索し始めているようです。
磨羯宮(土星)が暗示するジョージ・オーウェルが描いたような閉鎖型の超管理社会、宝瓶宮(天王星)が示唆する同時代的共振のなかでの自由意志の発露、双魚宮(海王星)が想起させる分離以前の予め救済された次元への内的帰還。
そして人馬宮(木星)が指し示すのが精神の跳躍としなやかな身体的同期。
今回は、より智的開放感の楽しめる刺激的な内容にしていきたいと思います。

=============   =============   ===========
*期日/2018/11/23(金)祝日
19:00〜21:00
*料金/3000円(当日精算)お菓子つき
 学割あります(2000円)
*15名程度

*申し込み
問い合わせメールホームよりお申し込みください。
hikarionsitu@yahoo.co.jp


場所
東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会本館三階33-2号室 温室
https://www.google.co.jp/maps/place/〒101-0065+東京都千代田区西神田2丁目4%E2%88%921/@35.698832,139.754806,16z/data=!4m5!3m4!1s0x60188c1506e0953d:0x4085d41c74cd0716!8m2!3d35.6978773!4d139.7548588?hl=ja

22657189_1576998005677148_1734655767_n.jpg
アリタマサフミ(占星図案作家) 未発掘のフォークロア文脈と辺境チックな都市文化をスケッチする図案作家。テキスタイルブランドNew Esperanto Labelを創設し、国内外のブランドやメーカーとプロダクトを展開。天体のリズムと創作的な想起との関連性を研究している。
http://izumonesia.jp




自然を間にコミュニティーをゆるやかにつないでいくためのガ–デンデザイン、年間のスケジュール立案ほか、その場をつかったイベントやワークショップのディレクションをしています。