IMG_20180121_084600.jpg
TERRAIN VAGUE vol.114「神の子の眼差し」と白梅のめぐり花 右手新土×塚田有一 2018/1/27
(2018年01月21日)
25507944_993667607452547_6162401668957338067_n.jpg
赤坂氷川神社花活け教室「はなのみち 冬至の白 」2017/12/18
(2017年12月23日)
IMG_20171028_202103.jpg
TERRAIN VAGUE vol.111「プリミ恥部な全宇宙」LIVE VERSION in TERRAIN VAGUE EDITION 2017/12/28
(2017年12月20日)
top_001_1200.jpg
TERRAIN VAGUE vol.110「 声の色 と 花の音 」宮内康乃さんとめぐり花
(2017年12月12日)
22688560_10214754064387722_2820761439814016481_n.jpg
TERRAIN VAGUE vol.101「夜 花と歌う花で歌う」右手新土×塚田有一
(2017年11月13日)
mizunone_006.jpg
TERRAIN VAGUE vol.100「夢」安田登×温室 2017/11/8
(2017年10月21日)
o0450055313080194764.jpg
TERRAIN VAGUE vol.97『ニューアトランティスの桑畑の主』プリミ恥部×塚田有一 2017/10/27
(2017年10月15日)
%E5%8E%9F%E7%94%BB%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%AA.jpg
文豪ノ怪談〈草の葉〉物語の花とインスタレーション
(2017年08月31日)
%E9%9C%8A.jpg
『文豪ノ怪談ジュニア・セレクション』夏休み親子版【文豪ノ怪談/文豪ノ妖怪的〈草の葉〉ものがたり】
(2017年08月06日)
18402966_868167703335872_3515695056404111200_n.jpg
赤坂氷川神社花活け教室「はなのみち」 第三回「みどりとしろ」
(2017年06月05日)
%E7%94%BB%E5%83%8F_%E8%B2%9D%E6%A1%B6.jpg
TERRAIN VAGUE vol.64「花結び 旧暦ひなまつり」関根みゆきさん
(2017年04月02日)
IMG_1869.jpg
満月の「緑蔭幻想詞華集(アンソロジー)vol.12『藤』東雅夫×塚田有一」
(2017年04月01日)
DSC07373.jpg
赤坂氷川神社/花活け教室「はなのみち」2017年4月から
(2017年02月26日)
20160123_004.jpg
TERRAIN VAGUE vol.59 「めぐり花」という方法2 ゲスト山海塾/松岡大さん
(2017年02月23日)
%E6%9D%B1%E9%9B%85%E5%A4%AB%E3%81%95%E3%82%93.jpg
TERRAIN VAGUE vol.53「冬の怪談 雪と氷に閉ざされて 」東雅夫さん
(2016年12月23日)
DSC_2326.jpg
TERRAIN VAGUE vol.52「触れるヨーガ 冬至の夜に」ムラヤマ美智子さん
(2016年12月08日)
DSC_2446.jpg
TERRAIN VAGUE vol.51【ねむるひと】睡眠文化研究会 鍛治恵さん
(2016年12月04日)
15241351_1153574138025628_280891746620700607_n.jpg
TERRAIN VAGUE vol.50 稲葉俊郎さん「醫と藝〜深層意識と花」冬編
(2016年12月04日)
%E3%83%A2%E3%82%A8%E3%83%AC.jpg
【緊急告知!】TERRAIN VAGUE vol.49「soup と wreath  みのり と いのり」
(2016年11月25日)
mizunone_004.jpg
TERRAIN VAGUEvol.48「申年の猿企画 その5『さるのかみ』能楽師安田登さん」
(2016年11月09日)
DSC_0254.jpg
裏高尾の森で作る DEEP BREATH BOUQUET 「もみぢの薬束(くすたば)」
(2016年11月08日)

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8 



仕事として花を活ける時には、お客様の文脈を大事にし、花の旬を考え、色や質感、情景をいろいろイメージしてみます。でも、花は生ものですから、注文通りの仕入れがかなわない場合もありますし、現場でやってみて、イメージ通り行かない場合もあります。一本一本皆違うので、予定はあるようでないようなものです。
そうした時、限られた時間でどうするのか。その場に臨んで発揮できる力を持っていたいと思っています。場所と素材に出会い、相互共振し、想像をいつも超えていくことが、花生けの醍醐味であり奥が深いところです。
花は遥か昔から「こころの形代」です。型や方法や技術を用いて、物語を伝えてゆくのが仕事です。作庭のダイナミズムと、一輪の投入れのダイナミズムは通じています。