72612204_2536345019745354_267660472101109760_o.jpg
季譜 flower-notes 第3回「もみつ 」の花
(2019年10月27日)
%E5%AD%A3%E8%AD%9C%E7%A7%8B%E3%80%80.jpg
季譜 flower-notes 3「もみつ」(piano 平本正宏 × flower 塚田有一)2019/10/20
(2019年10月02日)
70341990_10220570238910003_3202368907713183744_n.jpg
TERRAIN VAGUE vol.164【9.19あいのことばtour in 温室】プリミ恥部さん 2019/9/19
(2019年09月11日)
60707621_2172506069509132_5816267780512546816_n.jpg
『Ka』 6/22(土)@TheCAVE 横浜
(2019年06月16日)
%E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A.png
季譜 flower-notes 2「滴る」(piano 平本正宏 × flower 塚田有一)2019/6/16
(2019年05月22日)
KATARIBE%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
TERRAIN VAGUE vol.157【KATARIBE 2DAYS】鶴田真由×内田輝×塚田有一 2019/4/19,20
(2019年03月31日)
%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0pink.png
季譜 flower-notes 1「墾(は)る」(piano 平本正宏 × flower 塚田有一)2019/3/10
(2019年02月09日)
P_20180530_115257_MT.jpg
TERRAIN VAGUE vol.135【毒と薬 ISAO×塚田有一】2018/8/5(日)
(2018年07月30日)
P_20180724_102435.jpg
TERRAIN VAGUE vol.136【龍と庭と地上のアップデート】プリミ恥部さん 2018/7/31
(2018年07月27日)
36579013_1119645918188048_329528780215287808_n.jpg
【季節の祝祭 = 新たな七夕= 】SHIBAURAHOUSE2018/7/7
(2018年07月06日)
25507944_993667607452547_6162401668957338067_n.jpg
赤坂氷川神社花活け教室「はなのみち 冬至の白 」2017/12/18
(2017年12月23日)
22688560_10214754064387722_2820761439814016481_n.jpg
TERRAIN VAGUE vol.101「夜 花と歌う花で歌う」右手新土×塚田有一
(2017年11月13日)
mizunone_006.jpg
TERRAIN VAGUE vol.100「夢」安田登×温室 2017/11/8
(2017年10月21日)
%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E9%8A%AD%E6%B9%AF.jpg
TERRAIN VAGUE vol.98「永遠なるものたち-花-」姫乃たま×塚田有一 2017/10/30(月)
(2017年10月17日)
o0450055313080194764.jpg
TERRAIN VAGUE vol.97『ニューアトランティスの桑畑の主』プリミ恥部×塚田有一 2017/10/27
(2017年10月15日)
%E5%8E%9F%E7%94%BB%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%AA.jpg
文豪ノ怪談〈草の葉〉物語の花とインスタレーション
(2017年08月31日)
%E9%9C%8A.jpg
『文豪ノ怪談ジュニア・セレクション』夏休み親子版【文豪ノ怪談/文豪ノ妖怪的〈草の葉〉ものがたり】
(2017年08月06日)
18402966_868167703335872_3515695056404111200_n.jpg
赤坂氷川神社花活け教室「はなのみち」 第三回「みどりとしろ」
(2017年06月05日)
IMG_1869.jpg
満月の「緑蔭幻想詞華集(アンソロジー)vol.12『藤』東雅夫×塚田有一」
(2017年04月01日)
DSC07373.jpg
赤坂氷川神社/花活け教室「はなのみち」2017年4月から
(2017年02月26日)
20160123_004.jpg
TERRAIN VAGUE vol.59 「めぐり花」という方法2 ゲスト山海塾/松岡大さん
(2017年02月23日)

 1  |  2  |  3 



仕事として花を活ける時には、お客様の文脈を大事にし、花の旬を考え、色や質感、情景をいろいろイメージしてみます。でも、花は生ものですから、注文通りの仕入れがかなわない場合もありますし、現場でやってみて、イメージ通り行かない場合もあります。一本一本皆違うので、予定はあるようでないようなものです。
そうした時、限られた時間でどうするのか。その場に臨んで発揮できる力を持っていたいと思っています。場所と素材に出会い、相互共振し、想像をいつも超えていくことが、花生けの醍醐味であり奥が深いところです。
花は遥か昔から「こころの形代」です。型や方法や技術を用いて、物語を伝えてゆくのが仕事です。作庭のダイナミズムと、一輪の投入れのダイナミズムは通じています。