IMG_1869.jpg
満月の「緑蔭幻想詞華集(アンソロジー)vol.12『藤』東雅夫×塚田有一」
(2017年04月01日)
DSC07373.jpg
赤坂氷川神社/花活け教室「はなのみち」2017年4月から
(2017年02月26日)
20160123_004.jpg
TERRAIN VAGUE vol.59 「めぐり花」という方法2 ゲスト山海塾/松岡大さん
(2017年02月23日)
%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%80%80%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%94.JPG
ライブのご案内。
(2016年10月05日)
IMG_4869.jpg
TERRAIN VAGUE vol.40「縁起物!申年の梅 赤い花と赤い食べもの」
(2016年09月03日)
308687_936112749815292_7509014325245500283_n.jpg
○TERRAIN VAGUE vol.40 縁起物!申年の梅〜赤い花と赤い食べ物〜with 料理山研究所/山崎志保
(2016年08月01日)
IMG_4221.jpg
緑蔭幻想詞華集(アンソロジー)vol.11「お盆」レポート
(2016年07月21日)
%E7%A8%B2%E8%91%89%E3%81%95%E3%82%93.jpg
TERRAIN VAGUE vol.37「醫と藝 深層意識と花〜土用編」
(2016年07月16日)
DSC_0095%20%281%29.jpg
満月の「緑蔭幻想詞華集 vol.11 『お盆』」東雅夫 × 塚田有一
(2016年06月25日)
DSC_0095.jpg
緑蔭幻想詞華集 vol.10 「紅花」
(2016年05月24日)
IMG_1310.jpg
満月の緑陰幻想詞華集(アンソロジー)vol.10「紅花」
(2016年04月26日)
IMG_1303.jpg
緑陰幻想詞華集vol.9『さるのこしかけ』物語としての花活け
(2016年03月04日)
10498336_707461846029531_7866222514789041770_o-thumb.jpg
満月の緑蔭幻想詩華集(アンソロジー)  vol.9 【 猿】 
(2016年01月30日)
CSUwPS3UkAAqsiY.jpg
緑蔭幻想詞華集(アンソロジー)vol.8「鏡」
(2015年10月30日)
10498336_707461846029531_7866222514789041770_o.jpg
緑蔭幻想詩華集 VOL.8 『鏡』
(2015年10月19日)
IMG_8479.jpg
入澤康夫ヲキク会 
(2015年10月04日)
mizunone_006.JPG
松山鏡に因んで「めぐり花」と能楽師安田登さんの朗唱
(2015年08月19日)
DSC_1166.jpg
いつかのものがたり〜花を生けることと小説を書くことvol.2〜
(2015年05月04日)
%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8B%E8%8A%B1.jpg
「いつかのものがたり〜花を活けることと小説を書くこと〜」
(2015年03月26日)
10991164_843649279014945_7063033437650607344_n.jpg
「いつかのものがたり〜花を活けることと小説を書くこと〜」
(2015年03月04日)
10984542_1041962699154223_1598044146398448652_o.jpg
ISIS FESTA edit tour 特別編
(2015年02月27日)
yasai23yukiya4.jpg
啓蟄・満月の緑陰幻想詩華集vol.6《雪柳》
(2015年02月16日)

 1  |  2  |  3 



仕事として花を活ける時には、お客様の文脈を大事にし、花の旬を考え、色や質感、情景をいろいろイメージしてみます。でも、花は生ものですから、注文通りの仕入れがかなわない場合もありますし、現場でやってみて、イメージ通り行かない場合もあります。一本一本皆違うので、予定はあるようでないようなものです。
そうした時、限られた時間でどうするのか。その場に臨んで発揮できる力を持っていたいと思っています。場所と素材に出会い、相互共振し、想像をいつも超えていくことが、花生けの醍醐味であり奥が深いところです。
花は遥か昔から「こころの形代」です。型や方法や技術を用いて、物語を伝えてゆくのが仕事です。作庭のダイナミズムと、一輪の投入れのダイナミズムは通じています。